/contents/ex/img/static/feature/report_noil/


2003年の発売以来、人気NO.1を誇る黄色い下地「エクセレントミルキーファンデーション」。今回は、スタッフKが製造販売元の東陽化学研究所(東京都荒川区)にお邪魔して、工場長の松島さんに製品作りに対する熱い思いを伺いました。




こだわりと苦労を重ね、1年もの開発期間を経て誕生!


スタッフK
「エクセレントミルキーファンデーション」が誕生するまで、ずいぶん、試作を繰り返したと伺っていますが…。
松島さん
通常は、開発を検討してから約1ヶ月でサンプルを提出できるところが、色や使用感の良さにこだわったため、提出までに約3ヶ月かかりました。試作した数は約200個。実際に使ってみなければ効果がわからないところもあり、その都度改良してやっと完成しました。
スタッフK
苦労していただいたおかげで、今や我が社の人気も売上げもナンバー1商品となったわけですが、こだわった点や苦労した点をお教えください。
松島さん
こだわったのは5つのポイントです、色、タッチの良さ、伸びの良さ、白浮きしない、SPF20・PA++以上の紫外線防止効果。この5つのポイントを高次元でバランスを取ることに。大変苦労しました。
スタッフK
そのどれもが、かづきの大切なこだわりだったんですよね。イエローの効果を出すためには、色はしっかりつき、カバー効果もないといけませんし、ファンデーションとの相性も大事です。SPF値の要望は、お客様からも多くいただいていましたし…。
松島さん
SPF値を確保するためには酸化チタン、酸化亜鉛などの微粒子パウダーを高配合する必要があります 。ただし、配合を多くすることで、色が白っぽくなってしまうんです。またタッチも重くなり、伸びも悪くなるため、一番納得のいく、良いポイントを探すのに大変苦労しました。また、製品の安全性にも配慮し、それを含めるとトータルで1年の開発期間を要しました。
スタッフK
どれひとつにも妥協しなかったからこそ、不動の人気を得られたんですね! 貴重なお話をありがとうございました。

かづきれいこより外部環境が変化し始め、イエローのハードファンデーションだけでは乾燥が気になるようになり、保湿力もあって透明感がでる下地がほしいとご相談したのがきっかけでした。イエローの下地をプラスすることで断然化粧ノリがよくなり、時間がたってもくすみにくい肌づくりができるようになりました。すでに100万本以上もお使いいただいているとか!多くの皆様に愛されていると知り、感激です。




色や使用感、成分などにとことんこだわったために、エクセレントミルキーファンデーションの発売までにはいろいろな苦労があったことを知り、感無量。ますます愛着が湧きました。作り手の製品に対する熱い思いを伺うことができて、とてもうれしかったです。


ファンデーションに関連した特集

  • 人気のかづきイエロー Best5

  • 「イエロー」のこんな使い方大公開

  • 知ってトクする!簡単シミかくし

  • シミやくすみ、赤みを目立たなく!「イエローの魔法」

  • ベースメイクアイテム UV指数ランキング発表

  • 知って『トク』する!手や足のパーツケア

  • スタッフKの突撃レポート「エクセレントミルキーファンデーション」誕生までの道のり