かづきメイク基礎講座

かづきメイクで10年前の顔に!

きちんとした方法論があって、そのとおりに行えば誰でも肌が 若々しくなり、顔立ちの魅力が引き出せるのが、かづきメイク。
年齢もセンスも関係ありません。モデルさんでも女優さんでもなく、ごく普通の女の人を素敵にするメイクです。

Before : 素顔 After : かづきメイク
かづきメイクの流れはこちら


「かづきメイク」はここが違う!

いつでも自信を持って「これが私」と思える顔を作る技術を身につける。それがかづきメイクの目指すものです。 「かづきメイク」には、これまでのメイク法とはまったく違う理論があります

POINT1 洗いすぎないシンプルスキンケア

保湿を重視した簡単シンプルケアで肌環境をアップさせます
失われがちな保湿成分を補い、取りすぎないこと。血流を意識すること。毎日続けるために、シンプルであること。それが、かづきれいこのスキンケアのこだわりです。汚れを落として、肌の水分と脂分を守る「ふきとり洗顔」や、皮脂の成分に近いナチュラルオイルを使ったシンプルな保湿ケアで肌本来の力を引き出します。

元気な素肌

「スキンケア」基本講座でさらに詳しく見る
POINT2 医学的根拠に基づいた“かづきマッサージ”

1回約30秒のマッサージで顔を引き締め、肌環境アップ!
血流に沿って行うマッサージ。顔に滞った血液や老廃物をスムーズに流すように上から下へ。
血液の循環を良くし、肌の代謝を良くすることで、むくみやくすみを改善し、ハリのある若々しい肌へ。
メイク前はもちろん、化粧直しの時などを利用してかづきマッサージを毎日の習慣にしてください。
5年、10年と続けて行えば、将来の顔に差が出ます。

1987年、今までの常識を覆す「上から下」の血流マッサージが誕生。当時、タブーとされたマッサージが今では常識に!!

「かづきマッサージ」基礎講座でさらに詳しく見る
POINT3 メイク以上×整形未満の効果“かづき・デザインテープ”

手軽にたるみ・毛穴・しわ・ほうれい線などのエイジングケア
かづきマッサージ後に、たるみやシワ、ほうれい線、さらに顔が引き上がる場所に貼って、手軽に肌をリフトアップ!
皮膚がピンと張ることで毛穴も目立たなくなり、透明感もアップします。
角質層の約半分の0.01mmという薄さのテープなので、使い慣れるまでは扱いが難しいかもしれませんが、コツをつかめば強い味方に。

テープテクニックをマスターして、手軽に肌をリフトアップ!

「かづき・デザインテープ」基礎講座でさらに詳しく見る
POINT4 「かづきイエロー」を使った“肌づくり”

第一印象の決め手は“肌”! 目指すはシミやくすみが自然にカバーされたツヤ・ハリ肌
肌づくりの基本は「かづきイエロー」と呼ばれる黄色の下地とファンデーション。日本人の肌には黄色が一番なじみやすいのです。
年齢に関係なく赤みやシミ、くすみなどを自然にカバーし、肌の透明感をアップさせます。

かづきイエローの補正効果

「肌づくり」基礎講座でさらに詳しく見る
POINT5 錯覚テクニックを使った“3Dメイク”

「正面顔」と「横顔」のとらえ方で、印象が劇的に変わります。
「かづきメイク」では、正面を向いたとき、黒目の外側の線の内側を「正面顔」、外側を「横顔」ととらえます。正面顔が狭く、横顔に奥行きが出るので、顔を立体的に小さく見せることができるのです。 ファンデーションやアイシャドーの塗り方なども、この「顔のとらえ方」が基本になっています。

「正面顔」と「横顔」

「3Dメイク」基礎講座でさらに詳しく見る






スペシャルケア

決まった手順と方法にしたがえば、どんな人でも必ず結果が出るのが、かづきメイクです。必ずしもすべてのプロセスを行わなければならないわけではなく、生活のスタイルやTPOに合わせて、必要なものだけを行えばOKです。

必ず実践して欲しいのは、美しい素肌をつくる「STEP1のスキンケア」と「STEP2のかづきマッサージ」。ファンデーションをあまり塗らない人も、UV効果のある化粧下地を塗って紫外線対策を。

化粧直し

道具のお手入れ